B型肝炎が不安なあなたに、B型肝炎の症状と検査について詳しく解説します。

B型肝炎はかつては輸血や予防接種などによる血液感染、及び母子感染によって感染が広まっていました。

しかし、医療環境が整った現在では、B型肝炎の最大感染ルートは性行為感染です。性感染症の専門書には必ずB型肝炎が性感染症の1つとして紹介されています。

しかも、B型肝炎は同じ性感染症であるHIV感染症と重複感染することが多いのです。それはどちらも同じ性行為という共通感染ルートをもっているためです。

従って、B型肝炎に感染したかも知れないと不安な人はHIV感染も可能性があるし、そのまた逆もあり得ます。

重複感染

◇データの詳細はこちらから⇒『B型肝炎とHIV感染症』

 

アイコンボタンウイルス性肝炎は一般の健康診断では検査していません。
BC肝炎バナー

普通の健康診断では分かりません!
STDチェッカータイプL ・B型肝炎
・C型肝炎
(男女共通

¥4,500+消費税
矢印STDチェッカー タイプL

矢印私の体験記はこちらから
重複感染は単独よりも怖い!
STDチェッカータイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

矢印私の体験記はこちらから
1番人気。主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから







B型肝炎とHIVを重複感染すると、それぞれの病気に単独で感染するよりも死亡率が非常に高くなります。

ある調査によれば、

●HIV単独の死亡率=1.7/1000

●HBV単独の死亡率=0.8/1000

●HIV+HBVの死亡率=14.2/1000

このように重複感染すると死亡率が8倍から17倍と、格段に高くなります。

◇データの詳細はこちらから⇒『B型肝炎とHIV感染症』

 

B型肝炎は感染しても自覚症状が出なくて気が付かない人も大勢います。そうした自覚症状のないキャリアまで入れると国内にB型肝炎ウイルスの感染者は100万人から150万人いると言われています。

一方で、HIV感染者もまた先進国の中では唯一日本だけが増加の一途をたどっており、こちらも自覚症状がないために自分がHIVに感染していることに気が付かない人が大勢います。

日本では毎年新規にHIVに感染したと報告された人の30%以上がHIV感染に気が付かないままエイズ発症に至っています。

B型肝炎もHIV感染症も性行為で感染する性感染症です。そしてどちらも自覚症状がなくて感染に気が付いていない人が大勢います。更に、B型肝炎とHIVを重複感染すると、重症化する危険性があります。

しかし、どちらも早期に検査で発見できれば治療によって重症化を防ぐことも可能です。

 

 当サイトの アクセスベスト10 はこちら!(2016年 11月)
1位 B型肝炎の初期症状とは?
2位 B型肝炎を自宅で検査
3位 肝臓の血液検査とは?
4位 B型肝炎のウイルス学的検査
5位 インターフェロン治療の費用は?
6位 セロコンバージョンとは?
7位 B型肝炎の症状とは?
8位 B型肝炎ワクチンとは?
9位 B型肝炎の感染ルート
10位 肝炎の検査とは?

『B型肝炎の症状と検査完全ガイド』があなたのB型感染予防、検査に役立つことを願っています。

===================================

■もっとHIVやその他の性感染症情報を知りたくありませんか?管理人が運営する12の性感染症関連サイトのポータルサイトへどうぞ。

【性感染症(性病)サイトご案内】

===================================

PAGETOP
Copyright © B型肝炎の症状と検査完全ガイド All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.