B型肝炎の血液学的検査に登場する指標は、HBs抗原・HBs抗体・HBe抗原・HBe抗体・HBc抗体・HBV-DNA・・・

なんてややこしいのでしょう。それぞれが特別な意味を持っており、その組み合わせでB型肝炎の感染状況を把握することができます。

◇言葉の定義

それでは最初に、それぞれの言葉の意味、定義を明確にします。ここでは主に厚生労働省の「B型肝炎についての一般的なQ&A」埼玉医科大のサイト、「わかりやすい肝臓の病気」(同文書院)を参考にさせて頂きました。

●抗原と抗体

抗原とはウイルスを構成している部品の1つです。私が調べた範囲では、多くの場合タンパク質の一種が抗原となっています。

1種類のウイルスに対して複数の種類の抗原があり、1個のウイルスに対して複数個の抗原が存在することもあります。

この抗原に対抗して、人間の免疫機能が作り出すのが抗体です。抗体は抗原を攻撃して排除しようとします。

検査の種類によっては、抗原が見つからなくても抗体が見つかれば、それはウイルスの存在を証明することになります。(すなわち感染している)

保健所など行っているHIV抗体検査がそうですね。この検査ではHIVそのものを見つけることはしません。

HIVに対抗する抗体を見つけてHIVに感染しているかどうかを検査します。

 

●HBs抗原

B型肝炎ウイルスの外殻(エンベロープ)を構成するタンパク質の一種です。

あなたの血液中からHBs抗原が見つかれば、あなたの肝臓の中でHBVが増殖しており、また、血液の中にHBVが存在するということを意味します。

保健所や病院におけるB型肝炎ウイルスのスクリーニング検査ではこのHBs抗原の有無を調べます。

B型肝炎のキャリアの人はHBs抗原が生涯陽性となります。また、HBsの血中力価(力価とは濃度を表す単位)がウイルス量を表します。

キャリアの人が肝炎を増悪(症状が悪化)したときに高い値となります。

HBs抗原は肝炎発症前に血中に出現し、ALT(GPT)改善に前後して陰性となります。(図1参照)

 

●HBs抗体

HBs抗原に対抗する抗体で、HBVの感染を防ぐ働きをします。あなたが一過性にHBVに感染した場合は、血液中からHBs抗原が消えた後にHBs抗体が現れます。

急性肝炎では発症から6ヶ月以上経って陽性となり、以後生涯免疫となります。

HBs抗体が陽性であることは、過去にHBVに感染して、現在はウイルスが体内から消えたことを意味します。(劇症肝炎など例外もあり)

 

●HBe抗原

HBs抗原がウイルスの外殻を構成するタンパク質だったのに比べ、HBe抗原はHBVの芯(コア粒子)を構成するタンパク質です。

このタンパク質は肝細胞の中でHBVが増殖するときに過剰に作られ、可溶性タンパクとして大量に血液中に放出されます。

一般の血液検査で見つかるのはこの可溶性のタンパク質です。

キャリアでHBe抗原が陽性の人は血中ウイルス量が多く、感染性が高くなります。

無症候キャリアの場合は肝炎を発症する可能性が高くなります。また、慢性肝炎でHBe抗原が陽性の人は肝炎の活動性が高いことが分かります。

HBe抗原は肝炎発症前に血中に出現し、ALT(GPT)改善に前後して陰性となり、HBs抗原よりも先に消えます。(図1参照)

 

●HBe抗体

HBe抗原に対抗する抗体です。HBe抗原が陰性、HBe抗体が陽性になると、HBVの増殖が減少している状態です。

HBVキャリアの人は、小児期にはHBe抗原が陽性ですが、多くの人は免疫機能が働きだす10代から30第にかけてHBe抗体陽性となり、肝炎の活動も低下します。

 

●HBc抗体

HBc抗原に対抗する抗体です。まずHBc抗原について説明します。

HBc抗原はHBVのコア粒子を形成するタンパク質の一種です。

HBe抗原のように可溶性となって血液中に放出されることなくコアの内部に存在するため、通常の血液検査では見つかりません。

HBc抗体には、IgM型とIgG型の2種類があります。

IgM型:HBV感染の初期段階から現れ、数か月で消えます。IgM陽性は現在ウイルスが活動中であることを意味し、急性B型肝炎の診断には重要な指標となります。

IgG型:IgM型に少し遅れて出現し、一度現れるとほぼ生涯に渡って血液中に存在し続けます。

従って、IgG陽性は、HBVに現在感染している場合と、過去に感染してすでに治癒済みの場合があります。

 

●HBV-DNA

HBVのDNA遺伝子です。この遺伝子を見つけることによって、HBVが体内に存在するかどうかを直接確かめることが出来ます。

例えばHBs抗原が陰性、HBc抗体が陽性といった場合、肝炎は治まっていてもウイルスはまだ存在していることがあります。

HBV-DNAの検査にはNAT(Nucleic acid Amplification)検査やPCR(Polymerase chain reaction)検査といった方法が使われます。

これらの方法は微量のHBV-DNAでも人工的に数量を増幅して検査ができるため、HBs抗原がまだ検出できない感染初期の検査などに使われます。

また、抗ウイルス療法の経過観察、治療効果の確認などにも利用されています。

◇抗原・抗体が出現する時期

では、それぞれの抗原・抗体がどんなタイミングで表れるのか、急性B型肝炎で説明したいと思います。色んな専門書を読むと説明が複雑で、相互の関係がよく分かりませんでした。

そんな中でも、国立感染症研究所のサイトで説明していた内容が比較的分かりやすかったので参考にさせてもらいました。

でjは、下の図1をご覧ください。


図1.B型肝炎のマーカー

図1は急性B型肝炎にかかったときに現れる抗原、抗体などのマーカーを表したものです。何だか線がぐちゃぐちゃになって、非常に見づらいと思います。

とにかく登場するマーカーの種類が多くて、どう描いても見づらくなってしまいました。

図1はあくまでも一般的な急性B型肝炎のケースであって、例外もあります。

◇検査結果の解釈(マーカーの意味)

では、実際に抗原、抗体の+、-がどんな意味を持っているのか、具体的な例で説明したいと思います。

1.B型肝炎既往感染

マーカー HBV-DNA
HBc抗体(IgG)
+・-
考えられる病状 過去にB型肝炎ウイルスに感染し、現在は治癒状態の可能性が高い。


2.B型肝炎キャリア同等

マーカー HBs抗体 HBc抗体(IgG)
+・-
考えられる病状 一般にはB型肝炎ウイルスの既往感染と考えらてきたが、ステロイド投与などでHBV-DNAが陽性化することがあると分かったので、本質的にはキャリア同等と考えられる。(既往感染=感染して治癒)


3.B型肝炎キャリア同等

マーカー HBs抗原 HBc抗体(IgG)
+・-
考えられる病状 一般にはB型肝炎ウイルスの既往感染と考えらてきたが、免疫抑制剤などでHBV-DNAが陽性化することがあると分かったので、本質的にはキャリアー同等と考えられる。


4.B型肝炎発症時

マーカー HBs抗原 HBc抗体(IgM) ALT
+・- 非常に高い
考えられる病状 急性B型肝炎発症時の状態である可能性が高い。


5.B型肝炎軽快時

マーカー HBs抗原 HBc抗体(IgM) ALT
+・- 高い
考えられる病状 急性B型肝炎軽快時である可能性が高い。


6.B型肝炎回復時

マーカー HBs抗原 HBc抗体(IgM) ALT
+・- やや高い
考えられる病状 急性B型肝炎回復時である可能性が高い。


7.慢性B型肝炎

マーカー HBs抗原 HBc抗体(IgG) ALT
+・- 正常、またはやや高い
考えられる病状 慢性B型肝炎である可能性が高い。


8.B型肝炎増悪(症状悪化)

マーカー HBs抗原 HBc抗体 ALT
+・- 高い
考えられる病状 急性B型肝炎の増悪(病状が悪化すること)である可能性が高い。

このように、B型肝炎のマーカーの組み合わせによって、現在がどういった状態なのかが分かります。

私もいくつかの専門書、いくつかの公的医療サイトを参考にして説明してきましたが、いくつもの見解が出てきます。

従って、ここに記載した内容はあくまでもご参考にとどめて、あなたに不安な点、分からない点があれば専門医にお尋ねして下さい。

なお、ウイルス性肝炎は病院に行かなくてもあなたの自宅でも可能です。

どうしても時間のとれない忙しいあなたは検査キットをご利用ください。私も自宅で使ったことがあります。

そしてB型肝炎はHIVとの重複感染が多いことも知られています。

重複感染するとB型肝炎の症状が慢性化したり重症化したりすることがあります。B型肝炎、HIVの同時検査がお勧めです。

アイコンボタンウイルス性肝炎は一般の健康診断では検査していません。
BC肝炎バナー

普通の健康診断では分かりません!
STDチェッカータイプL ・B型肝炎
・C型肝炎
(男女共通

¥4,500+消費税
矢印STDチェッカー タイプL

矢印私の体験記はこちらから
重複感染は単独よりも怖い!
STDチェッカータイプO ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
(男女共通

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO

矢印私の体験記はこちらから
1番人気。主要5項目を同時検査。
タイプEバナー3 ・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから