B型肝炎は性感染症の一種であり、性行為によって感染します。ならば当然のように性風俗とも深い因果関係が存在します。

かつてB型肝炎は血液感染が主な感染ルートでした。予防接種の注射器や輸血による血液感染が多かったのです。しかし、医療環境が大きく改善された今日、血液感染によるB型肝炎の感染はほとんどありません。

B型肝炎の最も多い感染ルートは性行為による感染なのです。

従って、HIVや梅毒、クラミジア、淋菌などと同様に性風俗によって感染する可能性は十分あります。それを裏付けるデータをご紹介いたしましょう。あなたのB型肝炎感染予防にお役立てください。

◇風俗従事者におけるB型肝炎の実態調査

『性感染症STD』(南山堂)に、性風俗で働く女性と献血した女性の血液検査から、B型肝炎、C型肝炎、梅毒にどのくらいの率で感染しているかを調査した結果が載っています。

このデータによって、性風俗従事者がそうでない女性に比べてどのくらい感染率が高いかを知ることが出来ます。今回の血液検査で調べたものは、次の3つです。

●B型肝炎ウイルスのHBc抗体

●C型肝炎ウイルス抗体

●梅毒トレポネーマに対する抗体

この3つです。

では調査結果をご紹介致しましょう。

◆B型肝炎・C型肝炎・梅毒の感染調査

対象 例数 HBc抗体陽性 HCV抗体
陽性
梅毒抗体
陽性
性風俗従事者 354 100(28.2%) 33(9.3%) 89(25.1%)
女性
献血者
424 104(21.7%) 5(1.2%) 1(0.2)

表1.B型肝炎・C型肝炎・梅毒の感染調査

表1をご覧頂いてお分かりの通り、B型肝炎を含む3つの性感染症全てにおいて性風俗従事者の方が感染率が明らかに高くなっています。

でも、私の感覚だと女性の献血者にもHBc抗体の陽性が意外と多いなと思いました。この調査の献血女性がどのような属性なのか、詳細が記載されていなかっため、考察は不可でした。

ともかく、性風俗においてはB型肝炎にも感染する可能性が十分あるということが分かります。

では、もう少しデータを細かく見てみましょう。

表1で梅毒抗体が陽性になった性風俗従事者と、陰性だった性風俗従事者の両方で、それぞれB型肝炎とC型肝炎に感染した割合はどうだったかを調べています。

つまり、梅毒に感染しているとB型肝炎やC型肝炎にも感染しやすくなるのではないかという調査です。その結果が表2です。

◆梅毒感染と、B型肝炎、C型肝炎の感染確率

梅毒抗体 例数 HBc抗体陽性 HCV抗体陽性
陽性者 89 37(41.6%) 21(23.6%)
陰性者 265 35(13.2%) 12(4.5%)

表2.◆梅毒感染と、B型肝炎、C型肝炎の感染確率

表2をご覧頂くと一目瞭然ですね。梅毒に感染している女性の方が何倍も高い確率でB型肝炎、C型感染にも感染しています。

「性感染症STD」によれば、この理由は梅毒感染によって粘膜部に炎症や潰瘍を起こし、そこからB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスが侵入しやすくなる為です。

従って、梅毒に感染している場合は他にHIVにも感染しやすくなります。この件については『B型肝炎とHIV感染』に詳しく書きました。

以上のように、性風俗においてはHIVや梅毒と同じようにB型肝炎にも十分な感染予防が必要であることが分かります。

 

◇性風俗で遊んだあなたへ

ハッキリ言って、どの性感染症が危ない、などと言えるものではありません。どれも危ないです。、まぁ、考えてみれば性感染症の感染ルートはみな同じであって、どれか1つが危ないと思えば他の性感染症も危ないのは当然の理屈です。

ただ、そうは言ってもだからといって全部の性感染症の検査受けるのも難しいと思います。時間もかかるしお金もかかります。

そこで私自身の経験から風俗で遊んだあなたへのアドバイスです。ぜひ、次の2種類の性感染症を検査しておいてください。

●感染確率は高くないが、万一感染していた場合の深刻さが大きな性感染症
HIV・梅毒・B型肝炎など

●比較的治療は簡単だが、感染確率が非常に高い性感染症
クラミジア・淋菌など

この2種類です。要するに被害が大きなものと確率が高いものです。これは危機管理の面で言えば必須ですね。

私はこの考えに沿って自宅で検査キットを利用しました。病院へ行く時間のないあなたにはオススメです。

 

アイコンボタンウイルス性肝炎は一般の健康診断では検査していません。
BC肝炎バナー

B型肝炎、C型肝炎は性行為によって感染します。
タイプLバナー ・B型、C型肝検査。(男女共通
・一般健康診断では分かりません。

矢印STDチェッカー タイプL

矢印私の体験記はこちらから
重複感染するとより危険です。不安ならまとめて検査。
タイプEバナー3 ・HIV・梅毒・B型肝炎
・クラミジア・淋菌
・まずは5種類検査で一安心

矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから