お酒をちゃんぽんにして飲むと悪酔いするって言いますが、ホントでしょうか?

この話はよく耳にしますよね。でも本当にちゃんぽんにして飲むと悪酔いするのでしょうか?

◇ちゃんぽんが悪酔いするホントの理由

実はお酒をちゃんぽんにすること自体は悪酔いの原因にはなりません。ただ、ちゃんぽんにすることで酒量が増えてしまい、それで悪酔いするのです。

私の場合を例にとってみましょう。いつも冷たい生ビールから始めます。それから酎ハイにいって、ウイスキーで終わります。必ずこの3種類は飲みます。

なぜか? それは同じものばかり飲んでいると飽きるからです。飽きるとあまりお酒を飲めません。そこで種類を変えるとまたガンガン飲めます。こうして私の酒量は増えていくのです。

あなたも同じではありませんか?お酒も料理と同じで色々とバラエティに富んだ方が味も雰囲気も楽しめますよね。

むろん、中には最初から最後までビール党や焼酎党の人もいます。ちゃんぽんにしなくても酒量が多ければやはり悪酔いします。ちゃんぽんにしようがしまいが、結局は飲む量で決まる話です。悪酔いするのは飲み過ぎなのです。

◇なるべく悪酔いしない方法

では、お酒をちゃんぽんしても悪い酔いしない方法はどうすればいいでしょう。同じ種類のお酒ばかりじゃ飽きますよね。

先ほども書いたように、要は飲み過ぎなければいいのです。適量で抑えておけば悪酔いしません。そのために大事なことが3つあります。

1.必ずつまみを食べながら飲む

私の友人にもいます。お酒を飲むとき、ほとんどつまみを食べないのです。本当にお酒が好きなんでしょうね。でも、これはお酒の飲み方としては良くありません。

胃が空っぽでお酒を飲み始めるとアルコールの吸収が速くなり、血中のアルコール濃度のピーク値も高くなります。つまみを食べないと1.5倍から2倍も吸収が速くなるそうです。

そして血中のアルコール濃度がいっきに上がるとモロに肝臓に負担がかかります。その上つまみを食べないと肝臓を正常に働かせるビタミンやたんぱく質が取れません。ますます肝臓の負担が大きくなります。

また、どうしたってつまみを食べずにお酒を飲むと飲むピッチが速くなり量も増えますよね。飲み過ぎて悪酔いの元となります。

2.ゆっくり、時間をかけて飲む

間違ってもイッキ飲みなど止めてください。これはお酒の飲み方としては最悪です。一頃はイッキ飲みが流行して死亡者まで出ましたね。

実は私の大学の母校でも新入生歓迎コンパではイッキ飲みをやっていました。私もめちゃくちゃに悪酔いして死ぬ思いだったのを覚えています。

ところが、私が大学を卒業して数年後に、そのイッキ飲みで新入生が死亡する事故がありました。それ以来、イッキ飲みは禁止になったそうです。

お酒はゆっくり、時間をかけてチビチビと飲むのが肝臓には優しいのです。それにゆっくり飲んでいると必然的に酒量も適量で抑えることが出来ます。

もっとも、私の友人の中には何時間たってもマイペースで飲み続けるヤツがいて、トータルの酒量は多いという例外もあります。でも、つまみを食べながらゆっくり飲んでいると、普通は酒量は減りますよね。お腹がふくれてくるとお酒も飲めません。

3.ストレートは止めて割って飲む

焼酎やウイスキーはなるべくストレートで飲まずに割って飲むのが肝臓にはやさしい飲み方です。冬場だと焼酎をお湯割りで飲むけど、夏は暑いからとロックで飲む人がいます。

冷たくてのど越しはいいでしょうが、どうしてもアルコール量が増えすぎてしまいます。せめて水割りで飲んで欲しいところです。むろん、ウイスキーも同様です。

なお、強いお酒をストレートで飲み過ぎると食道がんの原因にもなるそうです。

以上の3点にぜひ注意して飲んで欲しいと思います。先ほども書きましたが、要はトータルのアルコール量を適量に抑えること、急速なアルコールの吸収を避けることが大事です。

やはりあなたの肝臓をいたわるには適量を守ることがまずは一番です。

アイコンボタンお酒も健康もあきらめたくない、そんなあなたへオススメです。

牡蠣+マカ+高麗人参=元気! 厳選素材が決めて!
牡蠣の力α 矢印贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα
・初回限定 ¥980 税別(送料無料)

矢印私の体験記はこちらから
・男性を元気に、女性にも嬉しい働きがあります。まずは体験記をどうぞ!
「肝パワーE+」20年のロングセラー、試してみました。
肝パワーE+ 矢印お試し5日分はこちら
・¥980  税込(送料無料)

矢印私の体験記はこちらから