肝臓の働きは栄養素の代謝、解毒、貯蔵などで、あなたの生命維持には必要不可欠な機能を持つ大事な臓器です。

肝臓には色々な働きがありますが、主な働きとしては3つあります。

1.代謝機能

人間の3大栄養素である、タンパク質、糖質、脂質を化学反応によって体に必要な物質に分解・合成・貯蔵します。

あなたのエネルギー源である炭水化物は腸内で果糖などの単糖に分解されて肝臓に送られてきます。そのままではあなたの体でエネルギーとして使うことが出来ないため、肝臓内でブドウ糖に化学処理されます。

これで始めて炭水化物はエネルギー源として全身に供給されるのです。このとき、余ったブドウ糖はグリコーゲンという物質に変換されて肝臓貯蔵されます。

2.解毒機能

体を構成しているタンパク質も、あなたの体内では分解・合成されています。その際に人体には有害なアンモニアが発生します。そこであなたの肝臓はアンモニアを尿素に変えて血液中に放出します。それを腎臓が尿として体外に放出します。

同様に、あなたが飲んだ薬の有害な物質や、消化・吸収の過程で生じた薬物なども分解し、無害な物質に変化させる解毒機能を肝臓は持っています。

3.胆汁の分泌機能

肝臓は脂肪の消化に必要な胆汁を十二指腸に分泌します。肝臓が分泌する胆汁は1日あたり0.5リットルくらいで、胆汁はいったん胆のうに蓄えられてから十二指腸に送られます。

4.その他

肝臓のその他の働きとしては、

●赤血球の分解
古くなった赤血球のヘモグロビンを分解して胆汁の材料となるビリルビンという物質を作ります。また、肝臓に含まれる鉄分は新しい赤血球の材料となります。

●ビタミンの貯蔵

ビタミンをあなたの体で働きやすい形にして蓄えます。

●不要になったホルモンを分解する。

●肝臓にある免疫細胞が、免疫成分を出して血液中の細菌を排除する。

このように肝臓には様々な機能があり、細かいものまで入れると全部で200以上の働きをしているそうです。すごいですね!

肝臓の働きを一言で言えば、

「あなたの体の化学工場」

です。

あなたが必要な栄養分や、あなたに有害な毒素を化学反応によって分解・合成・解毒しています。

最後に、忘れてはならない肝臓の大事な働きがもう1つあります。それは、アルコールの分解です。お酒の飲み過ぎが肝臓によくないと言われますよね。

私も肝炎で入院する直前、肝機能が最低レベルだったときはお酒があまり飲めませんでした。少量飲んだだけですぐに悪酔いするのです。

あの当時の私の肝臓はアルコールを分解する機能が著しく低下していたのだと思います。肝機能が正常になると、ウソみたいにお酒が強くなりました。まぁ、これも程度問題で、肝臓に負担をかけ過ぎないように注意はしています。

アイコンボタンお酒も健康もあきらめたくない、そんなあなたへオススメです。
しじみ習慣新フッター

2004年発売以来290万箱突破。(2015年1月現在)
 しじみ習慣 矢印無料サンプル申し込みはこちらから
・¥無料(送料も無料)

矢印私の体験記はこちらから
牡蠣+マカ+高麗人参=元気! 厳選素材が決めて!
牡蠣の力α 矢印贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα
・初回限定 ¥980 税別(送料無料)

矢印私の体験記はこちらから
・男性を元気に、女性にも嬉しい働きがあります。まずは体験記をどうぞ!
「肝パワーE+」20年のロングセラー、試してみました。
肝パワーE+ 矢印お試し5日分はこちら
・¥980  税込(送料無料)

矢印私の体験記はこちらから